« 梅雨明けには・・・ | トップページ | 8月のお盆休みのお知らせ »

2020年7月27日 (月曜日)

衝撃的な一台!!COLNAGO V3-RS



衝撃的な一台!!!

Cc1

COLNAGO V3-RS

2020年市販開始されたnewモデルで私にはこの一言に集約された
作品です!

Cc2

何が? 今更? そこまでの自転車ってある?

なぜかと言うと、過去5年Vの冠が付いたモデルが発売される度に
試乗を重ねて来た結果の一言なのです。

そんなCOLNAGO V3-RSのインプレッションです。

デザインですが、平面的には最近よく見るありふれたサイドビュー
の印象ですが、実際はイタリア🇮🇹車らしいシェイプとカラーリング
でスマートに美しい立体感が与えられており、流石コルナゴと
言った感じです。

是非とも店頭で実車を確認して頂きたい!!!☺️

では、具体的にどの様な乗り心地かと言いますと、初代のV1-rに
乗った5年前はまだ現役の競輪選手として活動しており178cm
78kgのスプリンターである私には軽量モデル故に剛性に欠け物
足りなさを感じるモデルでした。

それから2年後に進化を遂げたV2-Rは剛性も増して軽量かつ
快適なコンフォートバイクというイメージで、デザインも
コルナゴらしい美しいグラフィックのモデルあり多くのお客様に
オススメさせて頂きました。

そして今回は本気で勝てるカリカリのレーサーとなって進化した、
正にVの冠が似合うV3-RS!

昨年のブエルタで実戦投入され、タディ・ポガチャルがステージ
3勝し、ヤングライダー賞を獲得したのも納得です。

今回お借りした車体はcampagnolo CHORUS12sにSHAMAL
ディスクとタイヤはchallenge STRADA25cと言う構成でした。
フレームは軽量モデルでも最近運動不足気味の私には少し突き
上げ感の強さを感じる剛性ですが、コントロール性も良く
スピードや舵角の大小に左右されないシャープで正確なライン
取りを可能にする好感の持てるハンドリングです。
また、高速巡行性も高く大きな出力も受け止めて登りにも強い
オールインワンな一台でした。

レースの再開と共に勝(Victory)を刻み続けて行くのを楽しみ
にしたいですね!

細かな数字についてはオフィシャルサイト
http://www.colnago.co.jp
でも確認頂けますが、

実車を是非一度店頭で!!

Cc3

Cc4

Cc5

Cc6

|

« 梅雨明けには・・・ | トップページ | 8月のお盆休みのお知らせ »

giocatoreよりお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明けには・・・ | トップページ | 8月のお盆休みのお知らせ »